鉄拳制裁! ひだまりの犬

14年7ヶ月のかけがえのない時間をすごして、虹の橋を渡ったくじらがのこしてくれたもの。その日々に愛と感謝を込めて…。

ホーム > スポンサー広告 > 鉄拳制裁!ホーム > しつけのこと > 鉄拳制裁!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

鉄拳制裁!

ブルースに咬まれたくじらは、
恐れていたワンコ恐怖症にもかからず
人にも犬にもフレンドリーだった。

反対に、子ども時代に猛犬に襲われた
恐怖の体験がトラウマとなり
大の犬嫌いになってしまった夫。
夫の犬嫌い克服物語→

そんな二人が出会って
夫は変わった。

03.9.4茶臼山11携帯

今では、他人に向かって
“いぬのきもち”を語るほどになっている。

夫はくじらとの暮らしの中で
「オレはくじらに、
ほんとに色んなことを教えてもらった。」

そうだ。

くじらを知ってからの夫の持論は
「犬が問題を起こすのは、
全て飼い主の責任!」

ということで、

「コイツはほんとにバカ犬で…」
なんて言う人がいると、
その人に向かって、平気で
「そういうアンタがバカだから、犬がそうなるんだ!」
「アンタにそう言われる、犬のほうが迷惑だ。」

と言い放ってしまう(^^;

まぁ、、、確かにその通りだと思うから、
いいんだけど…。



そんな夫の“犬嫌い”時代のお話。

シーズーが2匹いる知人宅を
用事で訪ねることになった。

別の知人が、その家のシーズーに
咬まれていることを知っていた夫は、
「犬が、オレに向かって来たら
オレは何をするかわからないから
犬、どこかに隠しておいてくれな!」

と頼んでいた。

ところが、その飼い主は
「家の犬は大丈夫だよ」
と、夫の忠告を無視したから大変だった。

チャイムを鳴らして、玄関を開けた瞬間
2匹の犬が2階から
猛烈に吠えながら、牙を剥いて突進して来た。

恐怖に駆られた夫は
一瞬で2匹のシーズー犬を
廊下の奥に蹴り飛ばした!

当然犬は「キャァ~ン!」と悲鳴をあげ、
驚いた飼い主が
あわてて飛び出して来たそうだ。

怒りをあらわにして
「何するの!」
という飼い主に対して、夫は
「だから、オレは先に言っただろ!」



後で聞いた話だけれど
その夫婦の自覚のなさには、兄弟も困っていたとのこと。
その2匹の犬は、誰が訪ねて来ても、
玄関に人が来るたびに、
同じ事を繰り返していたということだった。

夫の鉄拳制裁を受けた2匹の犬は、
それ以来、
玄関に人が来ても、向かってくることもなくなり
部屋の奥から、黙って覗き見るようになった。

このことで夫が、周囲の方々から
感謝されたことは言うまでもない。。。







Sponsored link
[ 2009/05/17 12:16 ] しつけのこと | CM(2)
「犬が問題を起こすのは、全て飼い主の責任!」
旦那さんの持論、共感しますねー。
ホントそうですよね。ワンコのせいにするオーナーさん、結構いますよ。
ボクもプロとして、オーナーさんたちにそれを伝えてゆかなければと思っています。
でも、旦那さんみたいに強く言えないんですよねー・・・
[ 2009/05/18 19:02 ] [ 編集 ]
> ワンコのせいにするオーナーさん、結構いますよ。

ほんとにね。。。
人間とワンコが、幸せに暮らすためにも
最低限の躾はとても大切だと思います。

> ボクもプロとして、オーナーさんたちにそれを伝えてゆかなければと思っています。

がんばってくださいね!
わんこと暮らす豊かさや喜びを、たくさんの人に知って欲しいし、
何より、かわいそうな動物を増やさないためにも。

> でも、旦那さんみたいに強く言えないんですよねー・・・

あれは、夫の良いところでも悪いところでもあります。
夫も私も、物事をはっきり言い過ぎることで、怪我をすることも多いんですよ(^^;

[ 2009/05/19 11:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブックマーク
プロフィール

ハルカ

Author:ハルカ
人との出会いも、動物との出会いも、出会いはみんな奇跡だと思います。
永遠を信じる気持ちの強さが、豊かな時間を育む力になる。
虹の橋を渡ったくじらは今も、あの日の姿のまま、わたしの記憶のなかを駆け回っています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク
ランキング
ブログパーツ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。