あおぞら【5】 ~くじらへの手紙~ ひだまりの犬

14年7ヶ月のかけがえのない時間をすごして、虹の橋を渡ったくじらがのこしてくれたもの。その日々に愛と感謝を込めて…。

ホーム > スポンサー広告 > あおぞら【5】 ~くじらへの手紙~ホーム > あおぞら > あおぞら【5】 ~くじらへの手紙~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

あおぞら【5】 ~くじらへの手紙~

quji0017.jpg

ボクは、人間が大好きだ。
とくに、ボクをお散歩に連れ出してくれる人が大好き!

それから、
ボクに声をかけて
ボクの頭をポンポン♪って、撫でてくれる人。


ボクは、ボクの家族が大好き!
できることなら、
いつもいつも、みんなと一緒にいたい。

ボクは、お昼寝中も
いつも
家族の笑い声を聞いていたいんだ。


ひとりでお留守番は
退屈だし、なにより寂しいよ。。。



ボクは病気や怪我で、
何度も、病院にお泊まりしたよね?

病院では、先生たちも看護士のお姉さんたちも
すごくやさしくしてくれた。でも、
ボクは毎晩、さびしくて震えてた。。。

病院には毎日
父さんと母さんが会いに来てくれたけど、
ボクは寂しくて、ごはんが食べられなかった。

ねぇ、知ってる?
心がさびしいと、夏でも寒いんだ。



ボクは、お散歩が大好きだけど
ホントはいつも家族が側にいてくれるだけで
安心できて、幸せな気持ちでいっぱいになるんだ。

ボクの頭や体を触ってくれる人の手が
やわらかくて、温かくて、大好きだよ!


でもね、、、
ちょっとだけ苦手な手があるんだ…
それはね、
加減を知らない子どもたちの手。。。

まぁ、彼らはまだ子どもだから
ボクが我慢してあげるんだけどね!


quji0016.jpg


くじら、、、
キミのそんな言葉は、
ボクの耳にちゃんと届いていたよ。

それに、ボクだっていつも
キミと同じ気持ちだった。
だから、いままでもこれからも
ずぅ~っと一緒だね!







Sponsored link
[ 2009/05/11 22:29 ] あおぞら | CM(6)
ありゃ~すでにまたアップされてる・・・(笑)
いつも出遅れてしまってスイマセン。。

くじらくんも一人は嫌いなんだね~
これって犬種の特徴かしら。。
ゴルは甘えん坊で人懐っこい♪
うちの子達も全員常に一緒にいたいタイプでした!

たしかに子供は加減がわからないよね~
けどこの写真の子供達のニコニコさんの顔ったら
とっても嬉しそうですね。
[ 2009/05/11 22:44 ] [ 編集 ]
ハルカさんのコラム(あえてコラムと言わせて頂きます)いつも涙腺がゆるくなってしまいます。
くじら君の想いをそのまま綴っているようです。いや、きっとそのままだと思います。
ボクも一応その道のプロを謳っていますが、ハルカさんのコラムをみていると、まだまだワンコの気持ちが分かってないような気がします・・・
[ 2009/05/12 09:03 ] [ 編集 ]
子供たちに好かれるワンコって気持ちが優しい子ですよね。子供ってそんなとこ敏感ですもん。

くじらくんはみんなに愛されるワンコだったんですね。
[ 2009/05/12 21:49 ] [ 編集 ]
いえいえ、、、来てくれてありがとですぅ(^^)

やっぱそうですよね~
とにかくいっつも一緒がいいんですよね~
こっちがくっついて行くと、うるさそうにするくせに…(笑)
まぁ、、、だから余計に可愛いのかなぁ~

子どもたちは、くじらのことが大好きで、大喜びだったんですよね♪
[ 2009/05/12 22:20 ] [ 編集 ]
コラムですか、、、ありがとうございます。
そんなふうに捉えていただいて、恥ずかしいけど光栄です。

わたしも幼い頃は、動物に関わる仕事につきたい。なんて夢をもっている時期もあったくらい、動物大好きで、
くじらと暮らしている頃は、兄弟から、“犬使い”なんてからかわれていました(^^;
だから、ワンアンドオンリーさんがちょっとうらやましいです。
[ 2009/05/12 22:28 ] [ 編集 ]
nicoちゃんもそんなワンコじゃないですか?
niccoちゃん見てたら、そんな感じがします。

くじらは、どこに行っても人に囲まれてました。
くじらのほうはいつも、素っ気なかったですけど…。
[ 2009/05/12 22:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブックマーク
プロフィール

ハルカ

Author:ハルカ
人との出会いも、動物との出会いも、出会いはみんな奇跡だと思います。
永遠を信じる気持ちの強さが、豊かな時間を育む力になる。
虹の橋を渡ったくじらは今も、あの日の姿のまま、わたしの記憶のなかを駆け回っています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク
ランキング
ブログパーツ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。