ますます豊かに。 ひだまりの犬

14年7ヶ月のかけがえのない時間をすごして、虹の橋を渡ったくじらがのこしてくれたもの。その日々に愛と感謝を込めて…。

ホーム > スポンサー広告 > ますます豊かに。ホーム > くじらが残してくれたもの > ますます豊かに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

ますます豊かに。

2006年3月8日。
くじらが虹の橋の向こうに旅立った日。
その日から、3年を数える今年3月
このブログをはじめた。

動機は
くじらから受け取った大切なものを
かたちにして残したい。と思ったこと。

030904tyausu3.jpg

くじらと過ごした14年と7ヶ月という時間は
豊かで愛にあふれた時間。

振り返れば、膨大な時間の流れと物語があって、
わたしの心のなかは
言葉では言い尽くせない思いでいっぱいなのだ。

それに、、、

くじらには、わたしの人生で一番辛かった時期を
支えてもらっている。

だから、、、

くじらとの大切な時間を
ときどき思い出して口にする
思い出話の一つにはしたくなかった。



だけど、、、

だけどその思いを
どれだけ言葉にできるのか、
正直、自分でも見当がつかなかった。



それでも、くじらへの感謝の思いとともに
毎日毎日書いてみて
今、実感していることがある。

たくさんの思いや、記憶の欠片を
こうして
ひとつ、ひとつ、つなぎ合わせていくことで
あの頃よりも更に

くじらとの距離が短くなっているような…。
くじらとの絆が強くなっていくような…。

くじらはもういないのに、
不思議だけど
そんな気がしている。



毎日毎日、現在進行形で
愛するわんことの時間を過ごし、記録し続けている方々の
たくさんの物語に触れながらくじらを振り返ると、

当時の記憶と
今振り返る情景や思いが
複雑に絡み合って、
全く新たな、別の時間を生きている。

そんなふうに感じられる
かけがえのない時間になってきている。



わたしは今でも、
こんなふうに書きながら、涙してしまうことがある。
でもそれは、
決して後ろ向きの涙ではなく、
出会いの奇跡にたいする感激の涙なのです。

書くことが、心を軽く豊かにしてくれている。



もしも今、
この記事を読んでくれているあなたが、
最愛の子との別れの、
寂しさの中にいるのなら

その子への、感謝の手紙を書いてみてください。
きっと、ふたつの心の救いになります。







Sponsored link
ハルカさんのブログの中にはくじらくんが生きていますね。たまに錯覚しますもん。
くじらくん、きっと幸せな犬生だったと思います。
こんなにハルカさんに大事にされてたんですから・・・
[ 2009/05/11 16:26 ] [ 編集 ]
・・・・。心の深いところに沁みてきます。
[ 2009/05/11 17:05 ] [ 編集 ]
ハルカさんの文章に惹き付けられる理由が、これでわかりました・・・・

私は、リキを亡くしてから、気持ちの整理がつかず、悶々として涙に暮れる毎日を過ごしていました。
やがて、感謝の気持ちと思い出を形に残したい・・・という欲求にかられ、20ページほどかきあげた後、娘たちの後押しもあり、以前から考えていたブログを立ち上げることができました。

そんな時、ハルカさんのブログに出会い、接しているうちに、私自身の気持ちを代弁してくださっている・・・と思うようになったのです。

ハルカさんとくじらくんに「感謝」です!
[ 2009/05/11 18:03 ] [ 編集 ]
くじらが生きているように?
そんなふうに感じてもられると
なんかうれしいです~。

nicoちゃんも、幸せいっぱいの笑顔してますね(^^)
[ 2009/05/11 21:50 ] [ 編集 ]
そんなふうに感じてくださって
ありがとうございます。
[ 2009/05/11 21:52 ] [ 編集 ]
ありがとうございます。
マッチータさんの言葉、素直にうれしいです。

> 私は、リキを亡くしてから、気持ちの整理がつかず、悶々として涙に暮れる毎日を過ごしていました。

そういう気持ちすごくわかります。
このブログを始めたのは、もちろん自分自身のためなのですが、
実は気持ちの奥に、同じように別れの悲しみの中にいる方の心に、
微かでも、風を送ることができたらいいな…。
なんて思いも少なからずあったんです。だから、うれしい。。。

でも、そんなふうに受け止めてくださるマッチータさんのおかげで、
わたしとくじらも癒されています。
こちらこそ感謝です。
[ 2009/05/11 22:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブックマーク
プロフィール

ハルカ

Author:ハルカ
人との出会いも、動物との出会いも、出会いはみんな奇跡だと思います。
永遠を信じる気持ちの強さが、豊かな時間を育む力になる。
虹の橋を渡ったくじらは今も、あの日の姿のまま、わたしの記憶のなかを駆け回っています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク
ランキング
ブログパーツ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。