だんご屋さんにて ひだまりの犬

14年7ヶ月のかけがえのない時間をすごして、虹の橋を渡ったくじらがのこしてくれたもの。その日々に愛と感謝を込めて…。

ホーム > スポンサー広告 > だんご屋さんにてホーム > さんぽ > だんご屋さんにて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

だんご屋さんにて

くじらと二人であてのない
ドライブに出掛けた。

いつものおだんご屋さんで
いつものおだんごを買おうと
車を止めた。


くじらとともに店に入り
ショーケースを物色。

「あん団子を3つ買おう♪」

するとくじらが、
一つだけ残っていた何もついていない
白い団子を示して、

「ボクはこれがいい!」
と言った。

「あん団子3つと、白いのひとつくれる?」



するとそこへ、
お父さんと小さな息子らしき
2人連れがやってきて、

最後の一つだった、
くじらが欲しいと言ったのと同じ、
白い団子を指差して
「これがいい!」と、、、



「それは、ウチが頼んじゃったから、
ごめんね。。。」
と言うと、

よりによって、店主がこう言った
「お宅の方は、、、あの、、犬だから
この子に譲ってあげてもいいでしょ?!」

と!

「犬だろうが人間だろうが、
先に頼んだのはコイツなんだから、
それは通らないでしょ!」

言い終わるか、終わらないうちに
くじらがわんわん泣き出した。

「ボクが先に頼んだぁ~~~!」
「ボクだってこれがいい~~!」

「ぜったいいやだ~!」

大泣きしながら駄々をこねて
手がつけられない。

相手の男の子も、
くじらと一緒に泣きながら頑張ったけれど、
くじら&パパの粘り勝ち!



念願のお団子を手に入れて、
意気揚々と車に戻ると
ご機嫌で団子を頬張った。

団子は、歯にくっついて
食べにくかったけど、
大満足のくじらだった。




ある夜、夫が見た夢の話。

夫の夢に登場するくじらは、
そのままのくじらの姿で、
でもなぜか、言葉を話す。







Sponsored link
[ 2009/05/05 21:28 ] さんぽ | CM(2)
あはは!くじら君の粘り勝ちだったんですね~。

店主の言った「犬だから」って、
実際にありそうな話!

お団子を頬張るくじら君のお顔が、
目に浮かぶようです^ ^
[ 2009/05/05 23:04 ] [ 編集 ]
> 「犬だから」って、

そうそう!
ほんとにありますよ~(^^)
くじらは何度となく、こんな待遇を受けました。

この夢の話は、今でも語りぐさになっています!
[ 2009/05/06 21:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブックマーク
プロフィール

ハルカ

Author:ハルカ
人との出会いも、動物との出会いも、出会いはみんな奇跡だと思います。
永遠を信じる気持ちの強さが、豊かな時間を育む力になる。
虹の橋を渡ったくじらは今も、あの日の姿のまま、わたしの記憶のなかを駆け回っています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク
ランキング
ブログパーツ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。