最後のゴールデンウイーク。 ひだまりの犬

14年7ヶ月のかけがえのない時間をすごして、虹の橋を渡ったくじらがのこしてくれたもの。その日々に愛と感謝を込めて…。

ホーム > スポンサー広告 > 最後のゴールデンウイーク。ホーム > 終わりの日々 > 最後のゴールデンウイーク。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

最後のゴールデンウイーク。

車が大好きなくじらだったから
最後まで、
わたしたちは、車でくじらを連れ出した。



くじらは、
一人お家でのお留守番は嫌だけど
車の中でなら、
少しくらい待つのが平気なようだった。

自分が車に乗っていれば
置いて行かれないと思うからか?

それとも単に、
いつも一緒にいたいから、
車に乗りたかったのか?


くじらは何も言わないのでわからないけれど、
とにかくくじらは
3人一緒に車に乗っていれば、ご機嫌だった。

そんなくじらと過ごした
最後のゴールデンウイークは
3人で長野方面への小旅行だった。



もう走ったりすることは出来なくて
散歩も、あまり長い距離は無理で、

ゆっくり、ゆっくり休みながら
でも、
お散歩とドライブが大好きなくじらとの
ゆったりのんびりの遠出。


くじらと何度か訪れたことのある
妻籠の町をゆっくり歩いた。

050504tsumago2.jpg

足を引きずりながらでも
すぐに疲れて座り込んでしまっても、
自分の足で歩くことが
ほんとにうれしそうだった。

足を引きずるから
靴もすぐにすり切れてしまったけれど
くじらはいつも、前へ!前へ!
進みたがった。


050504tsumago1.jpg


まわりを歩く知らない人々が、
そんなわたしたちを見て
ひそひそと、色んなことを言っていたけど、

そんなこと、わたしたち3人には
どうでもいいことだった。


誰がなんと言おうと、わたしたちは
お互いにいたわり合って、かばい合って
助け合って、
散歩を楽しんでいたのだから。


050504tsumago3.jpg


休憩しても、
一番先に立ち上がるのが、くじらだった。







Sponsored link
[ 2009/05/03 16:22 ] 終わりの日々 | CM(6)
・・・・・・

くじらくんの健気な姿が目に浮かぶような文章です。

私が高校時代に分かれた愛犬の最後の姿を思い出しました。ありがとうございます。
[ 2009/05/03 16:46 ] [ 編集 ]
こんばんわん。

嬉しそうな、いい顔ですね。くじらちゃん♪

ん。
「いつも一緒にいたいから」と
「置いていかれないように」の両方に賛成~♪♪

そんな顔にみえちゃう。

うちの子達も、きっとそうなんじゃないかなぁ(笑)
[ 2009/05/03 19:40 ] [ 編集 ]
いつも一緒にいたいから・・・
ただそれだけの事!
まわりがなんと言おうともなんと思われようとも
くじらくんが歩きたいから♪
ただそれだけの事なんですよね。
私にはくじらくんがニコニコさんで歩いてるのが伝わってきますよ~

我が家もやはり大好きな車での旅を大手術したあとに
軽井沢に行きました♪
パルシェは辛かったかもしれないけど本人が行きたかったから・・・
私にはそう思えました。
くじらくんと一緒で休憩しても一番先に立ち上がって前へ歩いてました。。
[ 2009/05/03 23:44 ] [ 編集 ]
けいやんさんが別れたわんこは
もしかしたら、今頃、
nicoちゃんと遊んでるかもですね!
[ 2009/05/04 22:07 ] [ 編集 ]
どこの家の子も、きっと
みんな同じですね~

だってわんこは、家族の側にいるのが大好きだもの!
[ 2009/05/04 22:09 ] [ 編集 ]
パルシェ君も大手術したんですね。。。
くじらも10歳の時、生きるか死ぬかの大手術を経験しました。

きっと、うんとがんばった後の
大好きな家族と一緒の旅行だもの
ひときわ楽しかったと思うなぁ~!
[ 2009/05/04 22:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブックマーク
プロフィール

ハルカ

Author:ハルカ
人との出会いも、動物との出会いも、出会いはみんな奇跡だと思います。
永遠を信じる気持ちの強さが、豊かな時間を育む力になる。
虹の橋を渡ったくじらは今も、あの日の姿のまま、わたしの記憶のなかを駆け回っています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク
ランキング
ブログパーツ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。