あおぞら【4】~くじらへの手紙~ ひだまりの犬

14年7ヶ月のかけがえのない時間をすごして、虹の橋を渡ったくじらがのこしてくれたもの。その日々に愛と感謝を込めて…。

ホーム > スポンサー広告 > あおぞら【4】~くじらへの手紙~ホーム > あおぞら > あおぞら【4】~くじらへの手紙~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

あおぞら【4】~くじらへの手紙~

aozora4.jpg


くじら、

きみは この8月3日 うだるような夏の日に
満3歳をむかえた。
このところきゅうに おとなびたきみを
ぼくは 誇りにおもい
その はんたいがわで
ちょっぴり さびしさも 感じてるんだ


ぼくの「まて!」
の言葉に
背筋をピンとのばしておすわりして
まっすぐ見つめ返してくれる
おりこうさんのきみも好き。
だけどね、
だれに なんといわれようと
ごはんの時間がきらいで しらんぷりしたり
さんぽと聞いて 飛びはねたり
ぼくの靴をくわえて いしょにあそぼう
と せがんだりする
わがままで あまえんぼうで いたずらなきみが
だいすきなんだ。
少しくらい いうこときかなくたって
いたずら したって
きみを叱る ぼくの胸の中は 笑顔でいっぱいで
いつだってきみがそうなように
ぼくも きみとのやりとりを
楽しんでいるのだから。



くじら、

きみはまだ たったの3歳だけど
きみとあるきはじめてから ぼくは
いくつ 流れ星を見ただろう。
うつりかわる 空の色や 雲の流れ
季節ごとの 夕陽の美しさのちがいや
雨のつめたさや あたたかさ
空に向かって咲く
もくれんの 無言の大らかさも
みちばたの 草花のささやきも
それから きみとならんで見た
朝の虹の まぶしさも
いつまでも わすれない。



くじら、

きみと暮らしはじめて ぼくは
ことばをもたない 生き物たちの声に
耳をかたむける すべを 
知りました。
きみと いるとき
時間のほんとうのスピードがわかります。
きみと暮らして
ぼくは ほんのすこし
人間らしさを
とりもどせたような
気がします。



くじら、きょうも ありがとう。








Sponsored link
[ 2009/05/01 18:45 ] あおぞら | CM(4)
ホント、犬のまっすぐな姿を見ていると、自分の有り様を考えさせられることが多いです。我がラスティは、人間に対してはもちろん、イヌ、ネコ、鳥、・・・、全ての生き物に対して吠えたり唸ったりしたことがありません。他者への怒りや脅し、優位性の誇示、それら一切無い穏やかで友好的な生き方も教えてくれました。
[ 2009/05/02 00:18 ] [ 編集 ]
ゆっくりと読ませていただきました。

まだnicoとの生活はスタートしたばかりですが、お互いに気持ちの良い暮らしをしたいなあって思います。
無理せず自分たちのペース、リズムで。
癒されるばかりでなく癒してあげたいって思います。
[ 2009/05/02 11:29 ] [ 編集 ]
> 他者への怒りや脅し、優位性の誇示、それら一切無い穏やかで友好的な生き方も教えてくれました。

そうですね!元は大のイヌ嫌いだった夫が、まったく同じ事を言いました。
くじらの主治医の先生が、くじらのことを
「とっても鷹揚な子だったね」と振り返ってくれましたが、
ラスティ君もきっと、そんな子なんでしょうね。
[ 2009/05/02 16:03 ] [ 編集 ]
いつもありがとうございます。

これから、たくさんのnicoちゃんとの物語が綴られて行くんですね。
nicoちゃんの成長と合わせて、楽しみにしています(^^)
[ 2009/05/02 16:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブックマーク
プロフィール

ハルカ

Author:ハルカ
人との出会いも、動物との出会いも、出会いはみんな奇跡だと思います。
永遠を信じる気持ちの強さが、豊かな時間を育む力になる。
虹の橋を渡ったくじらは今も、あの日の姿のまま、わたしの記憶のなかを駆け回っています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク
ランキング
ブログパーツ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。