ずっといっしょ! ひだまりの犬

14年7ヶ月のかけがえのない時間をすごして、虹の橋を渡ったくじらがのこしてくれたもの。その日々に愛と感謝を込めて…。

ホーム > スポンサー広告 > ずっといっしょ!ホーム > その後 > ずっといっしょ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

ずっといっしょ!

くじらと出会ったからおぼえた
散歩の楽しみ。


桜が終わった今の時期は
家々の隙間から
花盛りのジャスミンが
いい香りで楽しませてくれる。

空を見上げれば、
思いのほか
たくさんの種類の鳥に気付く。

桜の花の蜜を吸っていた
ヒヨドリは、
いまはどこに行ってしまったのか?

そんなことを考えながら
足下に目をやると、
かたばみや
たんぽぽや
クローバーや
野いちごや、それから、、、

小さな草が、小さな可憐な花をつけている。



いまは、くじらの氷は持たないけれど、
自分の水を持って
無目的に歩く散歩は
とても気持ちがいい。



外でお留守番のワンコがいると
いつも、必ず声をかける。

なじみのワンコは、
そこを通りかかっただけで
立ち上がって挨拶に来るから
わたしは立ち止まって話かける。

そんなワンコたちの反応が
日によって違うことに
くじらが居なくなってしばらく後に
気付いた。

040403hamakita.jpg


いつもはじっと寝そべって
こちらには興味を向けないワンコが

別の日には
凄い勢いで「わん!わん!」鳴いたり、
しっぽをブンブン振って、こちらを見たり、

明らかに、わたしたち以外の
何かを見ている。


やっぱりくじらは、
あっちの世界とこっちの世界を
自由に行き来していて

こっちにいるときは
わたしたちの側で、以前と同じように
散歩をしたり、昼寝をしたりしているんだ


と、思う。







Sponsored link
[ 2009/04/30 18:42 ] その後 | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブックマーク
プロフィール

ハルカ

Author:ハルカ
人との出会いも、動物との出会いも、出会いはみんな奇跡だと思います。
永遠を信じる気持ちの強さが、豊かな時間を育む力になる。
虹の橋を渡ったくじらは今も、あの日の姿のまま、わたしの記憶のなかを駆け回っています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク
ランキング
ブログパーツ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。