一人旅。。。 ひだまりの犬

14年7ヶ月のかけがえのない時間をすごして、虹の橋を渡ったくじらがのこしてくれたもの。その日々に愛と感謝を込めて…。

ホーム > スポンサー広告 > 一人旅。。。ホーム > 脱走! > 一人旅。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

一人旅。。。

まだ若くて元気で、いたずら盛りだった頃、
くじらはちょくちょく脱走した。
物音一つ立てずに…。


やけに静かだな、、、?

わたしが空気の違いに気付いた時、
たとえ悪さの真っ最中でも、
そこにくじらの姿があれば一安心だった。

ところが、部屋中のどこにも
くじらの気配が感じられなかったとき、
その瞬間から、大騒ぎになった。


くじらと暮らした約15年の間に
たった一度、
早朝から深夜まで、
見つからなかったことがあった。



朝、わたしが身支度を整えている
ほんの少しの間に
くじらの姿が見えなくなった。

その時は、
「おしっこしたら、すぐに戻ってくるだろう」
と安易に考えていた。

ところが、その日に限って様子が違った。
待てど暮らせど、帰って来る気配がないのだ。

わたしはだんだん不安になって、
くじらと遊ぶ場所や、散歩コース、
くじらのお友だちの家など
走り回った。

いつもなら、どこかで
近所の人が見ていてくれていたのだけれど、
その日に限って、誰もくじらを目にしていなかった。

半日探しても見つからなくて、
さすがのわたしも、
最悪の事態を想像した。


ただ、不安な反面、
心のどこかで
くじらは必ず帰って来る
と信じていた。


町の交番と、役場。
隣町の交番と役場にも
迷子届けを出した。

日が暮れる頃になっても
くじらの手がかりは何一つ無く
不安がつのった。。。



電話が鳴ったのは、夜11時を過ぎた頃だった。

隣町の釣道具屋さんが
くじらを預かってくれていた。
家の近所を歩いていたくじらを
車に乗せて連れ帰ったらしい。

早くくじらに会いたくて
すぐに迎えに行った。


わたしが、
「くじら!」と呼んだら
きっとくじらは、わたしの元に駆け寄ってきて、、、


わたしのささやかな期待は
見事に裏切られた。

くじらは、お店のおばあちゃんと
楽しそうに遊んでいた。

わたしが呼んでも、振り向いて確かめると
また遊びの続きに戻っていった。


今日は、うちのレオと一緒に
浜にピクニックに行ったのよ!
うちの子はドッグフード食べてるのに、
この子は“卵サンド”食べたわよ!!



知らないお宅にすっかり馴染んで
ピクニックに連れて行ってもらった上に
卵サンドまでいただいて、
おまけに、
わたしと、まる一日ぶりに会ったのに
表情ひとつ変えないなんて・・・。

くじらが無事に戻って来た
うれしさはもちろんだけど、
なんだか複雑な思いが残った。



釣り具屋さんの奥さんと、
ゴールデンのレオ君と、
おばあちゃんにお礼を言って
くじらを家に連れ帰った。

まるで、旅行に出かけていた子どもを、
迎えに行ったような気分だった。


くじらのいない長~い一日が終わった。







Sponsored link
[ 2009/04/24 22:20 ] 脱走! | CM(2)
こんばんは~。

くじら君、一人旅をしたのですね♪
ハルカさん、とても心配だったと思います^ ^

帰宅した時のくじら君、
「ママ!楽しかったよ~♪」
っていうお顔をしていたのでしょうね^ ^
[ 2009/04/25 00:31 ] [ 編集 ]
> 「ママ!楽しかったよ~♪」

そうかもしれないですね(^^)
わたしが、くじらは必ず帰って来るってどこかで思っていたように、
くじらも、遊んだら帰るつもりだったのかもしれませんね!
[ 2009/04/25 15:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブックマーク
プロフィール

ハルカ

Author:ハルカ
人との出会いも、動物との出会いも、出会いはみんな奇跡だと思います。
永遠を信じる気持ちの強さが、豊かな時間を育む力になる。
虹の橋を渡ったくじらは今も、あの日の姿のまま、わたしの記憶のなかを駆け回っています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク
ランキング
ブログパーツ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。