眠っているのに鼻がピクピク! ひだまりの犬

14年7ヶ月のかけがえのない時間をすごして、虹の橋を渡ったくじらがのこしてくれたもの。その日々に愛と感謝を込めて…。

ホーム > スポンサー広告 > 眠っているのに鼻がピクピク!ホーム > くじらな話 > 眠っているのに鼻がピクピク!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

眠っているのに鼻がピクピク!

ものすごく久しぶりに
くじらが大好きだった“パンプディング”を焼いた。

BLOG1343.jpg

“パンプディング”に限らず
ミルクとかバターとかの匂いが大好きで

いつも焼き上がりの頃、

家中を漂う甘い香りに誘われて、
鼻を上に向けてクンクン匂いをかぎながら
キッチンにやってきた。

首を伸ばすと鼻先が、ちょうどテーブルの高さに届いて、
テーブルのまわりを
クルクル廻りながらひとしきり匂いを嗅いで

「ねぇ~。まだ~~?」
みたいな顔をわたしに向けた。

まだだとわかると、次は、

小さなキッチンが全部見渡せる、入り口を
塞ぐように、“ふせ”の体勢で
しっぽをパタパタさせながら待った。


でも、、、

こんなに大好きなのに、
くじらが食べられるのは、ほんの少しなんだけど!

それでも、大喜びで食べた。

犬は、おいしいものほど
味わわないんだ(^^;)
いつだってひと飲みだった!



一番おもしろかったのは、
だいぶ年を取って、一日中寝てばかりいたある日。
いつものようにベッドで眠っていたくじらを見ると、

子どもの頃、アニメの犬がよくしていたように
くじらの鼻がおもむろに、ヒクヒクし始めた。
そして、匂いに誘われるように
すこしづつ顔が持ち上がって、、、

ついに起きてしまったけれど、

まさか、アニメの犬と同じことを
くじらがやってくれるとは!

久々の“パンプディンッグ”から思い出して
笑ってしまった!







Sponsored link
[ 2009/04/12 22:27 ] くじらな話 | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブックマーク
プロフィール

ハルカ

Author:ハルカ
人との出会いも、動物との出会いも、出会いはみんな奇跡だと思います。
永遠を信じる気持ちの強さが、豊かな時間を育む力になる。
虹の橋を渡ったくじらは今も、あの日の姿のまま、わたしの記憶のなかを駆け回っています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク
ランキング
ブログパーツ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。