水と氷は必需品! ひだまりの犬

14年7ヶ月のかけがえのない時間をすごして、虹の橋を渡ったくじらがのこしてくれたもの。その日々に愛と感謝を込めて…。

ホーム > スポンサー広告 > 水と氷は必需品!ホーム > さんぽ > 水と氷は必需品!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

水と氷は必需品!

初夏のような一日だった。

二週間前満開だった、
お散歩コースの桜並木は、どうなってるだろ?
と思いながら散歩に出かけた。

上着もいらないくらいの陽気だった。
川沿いの遊歩道は、
うすいピンクの花びらが、ひらひらと舞い散り

まだ枝に残って咲いている花の後ろには
緑の小さな葉っぱがついて、
盛りの頃とは、また違ったきれいさだった。


下を流れるドブ川は、いつになく騒がしく
のぞいてみると、
たくさんの鯉が藻の上に乗り上げて、
バシャバシャと音を立てて暴れていた。

この川には、黒い大きな鯉が
たくさん住んでいる。

その鯉たちの
産卵がはじまっていたのだ。

草の生えた中州には、
6匹もの大きな亀が甲羅干しをしていた。
ところどころで鴨が休憩していた。


歩いているだけで汗ばむほどだった。


こんな陽気になったら
お散歩の時、必ず持ち歩いていたものが
水と氷。

自分の分はともかく、
くじらの水と氷は、何があっても忘れなかった。

くじらの方もよく心得ていて、
途中水が欲しくなると
水筒の口を舐める仕草をした。

氷が欲しくなると、
立ち止まってわたしを見上げ
ペロッと、口のまわりを舐めた。

氷は一回に2個食べた。
水は、気の済むまで飲むと
さっさと歩き出した。

たった、それだけのことだけど、
「くじらと通じ合えてる」
気がして、幸せだった。


水飲み場のある公園で、
水道の蛇口をひねってあげても、
そういうところの水は、何故か飲まなかった。







Sponsored link
[ 2009/04/11 22:37 ] さんぽ | CM(3)
突然おじゃまします。

私は最愛の仔 エル(ボルゾイ10歳)を 2007年

9月18日に 先立たれ いまだに 毎日涙する主婦で

すが 最近 ひだまりの犬 って ブログが 気になり

まだ 少しなんですが 拝見させてもらっています

昨日からまだ 3日分ですが 涙・涙で 辛くて

進みません 自分もくじらちゃんと一緒に 暮らしてい

たかの様に 痛感します 勝手なこと言ってすみません

すこしずつですが おじゃまして拝見させて下さいね

[ 2009/04/12 00:28 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
エルちゃんが旅立って1年半なんですね。

寂しくて、
懐かしくて、
恋しくて、、、
風太ママさんの気持ち、とてもよくわかります。
わたしも同じでしたから。。。

わたしは3年経って、ようやく
こうして振り返ることができるようになりました。
書く事でわたし自身、とても癒されています。

でも、エルちゃんは
おかあさんにこんなに愛されて、
きっと幸せだったと思います。

わたしも未だに、泣いてしまう事があるから
偉そうにはいえないのですが、

風太ママさんが泣いてると、
エルちゃんが、
「自分が悪いことをした」
って思っちゃうそうです。
エルちゃんを思うときは
エルちゃんと遊んだときのように
笑っていると、エルちゃんも安心できるようですよ。



[ 2009/04/12 21:53 ] [ 編集 ]
そうですね(^-^)

まだつらいけど なるべく泣かず 思い出す時は

エルと遊んだこと 世界一しあわせだったことを

思い出して・・・エルを安心させて上げないとね

心配で お空のみんなと遊べないものね

ありがとうございます。又 時々おじゃましますね。 
[ 2009/04/12 23:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブックマーク
プロフィール

ハルカ

Author:ハルカ
人との出会いも、動物との出会いも、出会いはみんな奇跡だと思います。
永遠を信じる気持ちの強さが、豊かな時間を育む力になる。
虹の橋を渡ったくじらは今も、あの日の姿のまま、わたしの記憶のなかを駆け回っています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク
ランキング
ブログパーツ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。