ゆっくり、ゆっくり。 ひだまりの犬

14年7ヶ月のかけがえのない時間をすごして、虹の橋を渡ったくじらがのこしてくれたもの。その日々に愛と感謝を込めて…。

ホーム > スポンサー広告 > ゆっくり、ゆっくり。ホーム > 年を取るということ > ゆっくり、ゆっくり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

ゆっくり、ゆっくり。

くじらは毎日のお散歩が何より好きだった。
休日など、朝から一日中公園で遊んで帰っても、
夕飯の後の散歩は、別物らしく、欠かさなかった。

元気盛りの若い頃は、一日に何度でも
チャンスがあれば大喜びでついて来た。

散歩に連れ出してくれるのなら、相手は誰でもいいらしく
少しでも気配があると、ピョンピョン飛び跳ねて
散歩をねだった。

そんなくじらも歳を重ね、ある時期から、
大好きな人が訪ねて来ても玄関に出迎えに行く事をしなくなり、
その人が帰るときも、見送りに腰を上げる事をしなくなった。

散歩の距離と、速度は
13歳を過ぎた頃から、日に日に短くゆっくりになった。


ときどき、
おじいちゃんおばあちゃんと、老犬のお散歩に出会う。
お互いが、お互いをいたわりながら
ゆっくりゆっくり歩いている。

二人の歩幅と流れる時間が、うまい具合に調和して
慌てるでもなく、急かすでもなく、
互いに心地よさそうに、リズムを刻んでいく。


人も動物も、
人生の道のりをたくさん走った後は、ゆっくりゆっくり
深呼吸しながらスローダウンしていくんだな、、、と思う。

くじらも、少しづつ、ゆっくりと、速度を落として、
最期は眠るように時間を止めた。







Sponsored link
[ 2009/03/30 22:42 ] 年を取るということ | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブックマーク
プロフィール

ハルカ

Author:ハルカ
人との出会いも、動物との出会いも、出会いはみんな奇跡だと思います。
永遠を信じる気持ちの強さが、豊かな時間を育む力になる。
虹の橋を渡ったくじらは今も、あの日の姿のまま、わたしの記憶のなかを駆け回っています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク
ランキング
ブログパーツ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。