待つ・・・ ひだまりの犬

14年7ヶ月のかけがえのない時間をすごして、虹の橋を渡ったくじらがのこしてくれたもの。その日々に愛と感謝を込めて…。

ホーム > スポンサー広告 > 待つ・・・ホーム > 犬の気持ち > 待つ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

待つ・・・

買い物中の、愛するご主人様をじっと待つわんこを見かけると
いつも、
一緒に待ちたい気分になる。

BLOG1266.jpg

いいお天気なので、桜並木を散歩しながら買い物に出かけた。
くじらが一緒なら間違いなく、半日コースのお散歩に!

DSCF1234.jpg

川で遊ぶ鴨を眺めながら、
路肩に咲くタンポポの写真を撮りつつ、
桜の蜜をすう小鳥を見ながら、
のんびり歩く道は、とてもゆったりとして気持ちがいい。

こんな散歩の楽しみを教えてくれたのも、くじらだった。

くじらに出会う前は、
ただ、早く歩くことだけに集中していて、
いつも時間を気にしていて、
ゆっくり歩く人の間をすり抜けて歩いていた。

道草なんてもってのほかだった。

毎日通る道でさえ、
自分と関わりがない景色は、記憶に留まらなかった。
だから誰かに道を聞かれても、
目印が思い出せないから、うまく説明できなかった。

今のわたしは、周囲に目を配り
配り過ぎて、危うく自転車とぶつかりそうになったり、
道ばたに座り込んで、虫や草花に見入ったり、
お留守番の、退屈顔のわんこに話しかけたり、、、。


でも、振り返ると、
子どもの頃は、そういう毎日だった。

あのころは、見るものすべてがキラキラ輝いて、
いつも何かに夢中で、
毎日がワクワクの連続だった。

くじらが、そういう日々をわたしに取り戻させてくれた。



買い物中のご主人を待つわんこは、
いくら呼んでも、こちらを見向きもしない。

ご主人が消えた先をじっと見つめて、
そこから出て来る姿を探している。


同じようにわたしをじっと待っていた、くじらの姿がよみがえって、
心がキュンとなった。







Sponsored link
[ 2009/03/29 16:27 ] 犬の気持ち | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブックマーク
プロフィール

ハルカ

Author:ハルカ
人との出会いも、動物との出会いも、出会いはみんな奇跡だと思います。
永遠を信じる気持ちの強さが、豊かな時間を育む力になる。
虹の橋を渡ったくじらは今も、あの日の姿のまま、わたしの記憶のなかを駆け回っています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク
ランキング
ブログパーツ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。