犬が鳴く理由 ひだまりの犬

14年7ヶ月のかけがえのない時間をすごして、虹の橋を渡ったくじらがのこしてくれたもの。その日々に愛と感謝を込めて…。

ホーム > スポンサー広告 > 犬が鳴く理由ホーム > 犬の気持ち > 犬が鳴く理由

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

犬が鳴く理由

近所に犬を飼っているお宅が数件ある。
そのうちのあるお宅。
毎日夕方から夜にかけて、ずっと鳴き続けるわんこがいる。

自分の生活のことだけを考えれば、それは迷惑なことなのだけれど
そんなに長い時間鳴き続けるほどの理由が、わんこにあるのだとしたら…。

と考えると、
わんこがかわいそうになってくる。
そして、それを何年も放っているその家の飼い主に疑問がわく。

犬が鳴くのには、何か理由があるはず。
何か訴えたいことがあって、鳴いているのに、
それに応えないのは、ある意味虐待じゃないの?とも思う。


少なくとも、くじらが声を出すときは、いつでも理由がちゃんとあった。
犬は、人と違ってまっすぐだから、
飼い主次第で、どんなふうにも変わると思う。

鳴き声は、関係ない人にとっては騒音でしかない。
“うるさい犬”と周りの人に憎まれ、
飼い主には“バカ犬”と理解されないなんて
飼い主も犬も両方不幸だと思う。

犬に限らず、ペットはいつでも受け身で
自分で状況を変えることができないのだから、
せめて、側にいる人間が彼らの気持ちを思いやる
心を持っていたいと思う。







Sponsored link
[ 2009/03/24 20:22 ] 犬の気持ち | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブックマーク
プロフィール

ハルカ

Author:ハルカ
人との出会いも、動物との出会いも、出会いはみんな奇跡だと思います。
永遠を信じる気持ちの強さが、豊かな時間を育む力になる。
虹の橋を渡ったくじらは今も、あの日の姿のまま、わたしの記憶のなかを駆け回っています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク
ランキング
ブログパーツ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。