永遠のひとかけ ひだまりの犬

14年7ヶ月のかけがえのない時間をすごして、虹の橋を渡ったくじらがのこしてくれたもの。その日々に愛と感謝を込めて…。

ホーム > スポンサー広告 > 永遠のひとかけホーム > くじらが残してくれたもの > 永遠のひとかけ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

永遠のひとかけ

幼い頃から、
写真に撮られることが嫌いだった。

その時の自分が
いつまでも残ってしまうことが
嫌だった。

だから、アルバムも嫌いだった。
そこにいる自分を見るのが
嫌いだった。

カメラの前で、
上手に笑うことができなくて、、、
写真の中の自分の顔を
好きになれなかったから。



今を写すのが写真なら
どうして、写真を撮る時
笑わなくちゃいけないの?


そんな、いつか読んだ小説の
ワンフレーズが、
ずっと心に引っかかっていた。

上手に笑えない自分と、
笑っていない自分を
見たくない、ジ・ブ・ン。



今っていう時間が
過去の集合体だってことも、
過ごして来た時間が
今の自分を形作っていることも
わかっているのに、

未来に向かって生きるのに
過去の記憶なんて
必要ないっしょ。。。


なんて、屁理屈…。



写真によって、切り取られた一瞬が
幸せに満ちていれば、
そこに映っているものが
輝く笑顔だったなら、

振り返ることを
嫌いにはならないよね?!



くじらに出会って皮肉にも
嫌いだったカメラが大好きになった。

どんなくじらも全部、
残しておきたいと思った。

くじらと過ごした時間。
くじらへの想い。
喜びも痛みも、満足も後悔もすべて。


人間は、忘れていく動物だけど
大切に切り取ってきた
膨大な時間のかけらたちが

わたしとくじらの歴史を
確かに、映し出している。

くじらに出会えて、
振り返ることは今を豊かに進むための
力になるということに、気付いた。

030904rindo.jpg





Sponsored link
私も写真大好きですが、撮られるのがあまり好きじゃないです。(笑)
写真は忘れそうなくらい小さな出来事を思いださせてくれます。またそのときの気づかなかった美しさとかを後から感じることができますよね。
くじらくんも沢山の写真があって幸せだと思います♪
[ 2009/06/14 09:29 ] [ 編集 ]
私も自分を撮られるのは好きじゃないです(>_<)
ワンコと一緒なら自然に笑顔になれますが
一人で写っても笑えないですよね・・・(@_@;)←こんな顔になる・・・
くじら君の写真可愛いですね(^-^)
写真って必ず必要ってものではないけど
ないとめちゃくちゃさびしいです・・・
前のワンコの写真がものすごく少ないです(T_T)


[ 2009/06/14 11:46 ] [ 編集 ]
良い顔してるね!くじら君♪
私も自分の写真は嫌いだわぁ。
意外と写真嫌いな人多いのね。
撮るのは結構スキだけど、日常の写真って少ないのよね。バー君でも思い出すのは日常の図なんだけどなぁ。多いとは言えないのが淋しいわ。
だから貴重だわよね。カメラもPCのデスクトップも先代君。今いる子達はすぐ触れるし、見れるからねぇ。変えられないわぁ。
[ 2009/06/15 08:03 ] [ 編集 ]
過去を振り返ることは、前へ進む原動力となる。
私もそう思います。

通常、人は、過ぎたことは考えなくていい。
前向きに生きろと言います。
過去に囚われるなと。

それができない私は、とても悩みました。過去に
囚われるダメな人間なんだと思っていました。

でも、過去というのは唯一確かな自分の歩んでき
た道程であり、過去振り返ることは、未来の自分
を形作る糧になると私も今は思えます。

過去を忘却し、消し去るのではなく、すべての過去
を受け入れることができたとき、今を肯定し、大切に
することができるのだと思います。

くじらちゃんとの想い出は、過去なのかもしれません。
でも、ブログの中でくじらちゃんは、今も生き生きと輝いています。
そして、記憶の中のくじらちゃんが、今もハルカさんに
寄り添い、支えてくれているのだなと、改めて思いました。

[ 2009/06/15 10:47 ] [ 編集 ]
やっぱり、残しておきたいものがあると
写真好きになりますよね。

そうですね~
においとか、温度とかの感覚もよみがえってくるし、
写真を見てはじめて気付くこともあるものね~

くじらが生まれた時に、デジカメがあったら
きっと収集つかないくらいのデータが残っていたと思います。
[ 2009/06/15 12:35 ] [ 編集 ]
やっぱ、撮られるのは好きじゃないんだ・・・(笑)
今時の若い子たちは、プリクラとか可愛く撮るよね!
世代の違いかな~。。。

> ないとめちゃくちゃさびしいです・・・
そうですよね~
以前のアナログカメラの時代は、
デジカメみたいに、やたらにシャッター切れなかったものね(^^)
[ 2009/06/15 12:39 ] [ 編集 ]
> 良い顔してるね!くじら君♪
あは♪ありがと。。。あれ、何か食べてるね。

やっぱ、写真好きじゃないんだね(^^)
そうそう、日常の、何でもない時のすぐさや表情が
写真に残ってるとうれしいね!

> だから貴重だわよね。カメラもPCのデスクトップも先代君。今いる子達はすぐ触れるし、見れるからねぇ。変えられないわぁ。

これ、わかるわぁ~。
アタシもPCのスクリーンセーバー、くじらのアルバムになってる(笑)
ちなみに、ダンナの携帯の着信は、くじらの鳴き声だよ!
[ 2009/06/15 12:44 ] [ 編集 ]
ほんとにそうなんです。
ほんとに。。。

> 過去を忘却し、消し去るのではなく、すべての過去
> を受け入れることができたとき、今を肯定し、大切に
> することができるのだと思います。

このことが、
くじらと別れ、くじら2号を迎えたいと思った時
理屈じゃなく、心底腑に落ちました。
人間は、そういうことを繰り返して”熟して”いくんだと思いました。
[ 2009/06/15 12:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブックマーク
プロフィール

ハルカ

Author:ハルカ
人との出会いも、動物との出会いも、出会いはみんな奇跡だと思います。
永遠を信じる気持ちの強さが、豊かな時間を育む力になる。
虹の橋を渡ったくじらは今も、あの日の姿のまま、わたしの記憶のなかを駆け回っています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク
ランキング
ブログパーツ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。