ボクと父ちゃん。 ひだまりの犬

14年7ヶ月のかけがえのない時間をすごして、虹の橋を渡ったくじらがのこしてくれたもの。その日々に愛と感謝を込めて…。

ホーム > スポンサー広告 > ボクと父ちゃん。ホーム > くじらな話 > ボクと父ちゃん。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

ボクと父ちゃん。

ボクね、、、
父ちゃんにはじめて会った時から
父ちゃんのこと、好きだったんだ。

だって母さんが好きな人だから
ボクだって好きに決まってるでしょ?!

ボクが父ちゃんと暮らし始めて
2ヶ月と少し過ぎた頃かな・・・

母さんがお仕事で、
どうしても行かなきゃいけないときが
あったんだ。

なんてったって、
父ちゃんは“元犬嫌い”
母さんは、
ボクたちが2人きりになることを
とっても心配してた。
父ちゃんの犬嫌い克服物語
父ちゃん激変の話

母さん大丈夫だよ!
ボク、父ちゃんと上手くやるからさ!


ボクは、母さんを安心させるために
父ちゃんの横にくっついた。



母さんがいなくなった後のボクたちは
なんだかお互いに、気を使っちゃって
ボクはお尻がムズムズした。

父ちゃんは、
くじら水飲むか~?
くじら、パン食べるか~?

って聞いてくれたり、

ボクに、ボールを投げてくれたりした。


外は雨が降ってるから
お散歩は無理だよな・・・。
って思っていたら、父ちゃんが

くじら、お出かけするか?
って、ボクを車に乗せてくれた。

母さんに、お団子持ってってあげようか?!

父ちゃんはそう言って、
ボクを連れてお団子屋さんに行った。
ボクたちの分と、母さんの分を買って帰ると、

今度は父ちゃん
ボクにレインコートを着せてくれた。

うれしかったから、ボク、
ちゃんと、
手や足を上げて父ちゃんを手伝ったよ!


BLOG1521.jpg
それで、父ちゃんとお団子を持って
母さんの仕事場に行ったんだ。

母さんは、ものすご~くビックリしてた。
んで、ものすご~くうれしそうに、
ボクを“エライエライ”ってほめてくれた!

母さんどう?
ボク、父ちゃんとうまくやってるよ!
お団子おいしいからみんなで食べてね!




夫が不器用に
くじらのレインコートを着せてる姿を
想像したら、
ひとりでに笑みがこぼれて
わたしの胸が“キュン”となった。





Sponsored link
[ 2009/06/11 12:37 ] くじらな話 | CM(8)
なんて微笑ましいのでしょうかv-344
そうでしたね、パパさん元わんこ苦手でしたね。。
きっとくじら君にはなんでもお見通しだったのでしょ~

この絵のようにくじらくんの笑顔が浮かびます!
ママさん、こんな嬉しい事なかったでしょ♪
[ 2009/06/11 14:07 ] [ 編集 ]
私の胸もキュンっとなった!
最近気付いたよ。ワン嫌いだったとか、
初めて一緒に暮らしたとかの人のほうが
ワンの個性を大事にして、悩みながらも
ワンと共に成長するって言うか、
良い関係で立派に育ててるな!って。
私、ワン暦だけは長いけど、気付かせられる事一杯だわさ!
[ 2009/06/11 16:32 ] [ 編集 ]
私の主人は 犬が嫌いというわけでは なかったのですが、
犬をただペットとしてしか見ていませんでした。
犬は家族だという私とは 根本的に違っていました。
でも・・・
くじらちゃんのように
少しずつ、少しずつ・・・
パパの考えを 変えていってくれました。
今では、WANにメロメロのパパです^^

くじらくんの笑顔を見るとシェリルの笑顔を 思い出します。
ハルカさんのお話、胸が熱くなりました。
[ 2009/06/11 16:49 ] [ 編集 ]
そうそう!
夫のくじらを見る目は、ほんとに確かだった。
すっごくまっすぐ、くじらと向き合っていて
この人すごいな~って、わたしが感心したもの(笑)
[ 2009/06/11 20:01 ] [ 編集 ]
あのときは、ほんと心配したけど
あんなくじらの姿が見られて、逆にラッキーだったなぁ。。。

あの時の夫のイメージって、
「子育てに不慣れなお父さんが、小さな子を
ひとりで子守りしてる・・・」
みたいなイメージで、
思い出すと、今でもほのぼのするんですよねv-398
[ 2009/06/11 20:04 ] [ 編集 ]
ワンコって、人を変えちゃう力がありますね。
家の夫も、「オレはくじらに会って、ものすごく変えられた」
って言っています(笑)
今では、手放しでワンコの見方です!

シェリルちゃん、
今頃は、にぎやかな4ワンと一緒に
じゃれあったり、昼寝したりしてるんじゃないですかv-410
[ 2009/06/11 20:11 ] [ 編集 ]
うちもそうでした。
母は犬が大嫌いでしたが、今はフラン限定ですが、好きになりました。主人は犬嫌いではないにしても、そんなに好きではないといった感じでしたが、今はやはり、フラン限定ですが、好きになりました。

限定されてるところが寂しいですが・・・。

でも、人を変えるってすごいことだと思います。
人でさえ、他人を変えるなんてできないのに。
ワンコの魅力は無限大です。
[ 2009/06/12 02:43 ] [ 編集 ]
>人でさえ、他人を変えるなんてできないのに。

はっとしました。
ほんとそうですね。。。
人が人を変えることなんてできないのに…。
夫は「オレはくじらに変えられた」と
いい意味で喜んでいますし、くじらに感謝しています。

お母様も、ご主人も、今はフランちゃん限定かもしれませんが
きっと、気持ちの奥底では、そうではなくなっていると思いますよ。
家の夫がそうでしたから(^^)
[ 2009/06/12 12:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブックマーク
プロフィール

ハルカ

Author:ハルカ
人との出会いも、動物との出会いも、出会いはみんな奇跡だと思います。
永遠を信じる気持ちの強さが、豊かな時間を育む力になる。
虹の橋を渡ったくじらは今も、あの日の姿のまま、わたしの記憶のなかを駆け回っています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク
ランキング
ブログパーツ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。