犬用のミルク ひだまりの犬

14年7ヶ月のかけがえのない時間をすごして、虹の橋を渡ったくじらがのこしてくれたもの。その日々に愛と感謝を込めて…。

ホーム > スポンサー広告 > 犬用のミルクホーム > 食事 > 犬用のミルク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

犬用のミルク

くじらを家に迎えるとき、
元のお母さんから、どのフードをくじらが食べているか聞いていた。

それと同じのを、あたためた牛乳でやわらかくしてあげていたのに、
くじらは、づっとゆるゆるうんちだった。
ごはんもあまりすすんで食べない。

さすがに心配になって、家に来てから10日目に、
くじらが産まれた動物病院で診てもらった。
お薬をいただいたけど、

知り合いのハスキー犬のお父さんにも相談してみた。
その子と同じごはんに変えてみようと、
教えてもらったペットショップに行くと、

ちょっとビックリなこと。
お店のおじさんが、
「牛乳なんかやったらダメだぞ~」って。

言われれば納得なのだけれど、犬と牛のミルクは違うからよくないとのことだった。
なので、ついでに犬用の粉ミルクも買ってみた。


早速、ミルクを作ってあげてみると、
すごい勢いで飲んでくれて安心した。
変えたフードが合ったのか、うんちの調子も良くなって、体重も増えてきた。

いつ頃までミルクを飲ませていたのか、記憶はないけれど、
ミルクを飲んだくじらのおしっこから、甘い匂いが漂って、
蟻がたかっていたことを覚えている。


大型犬は、短期間で体が何倍にも成長するから
子犬の時の食事は、特に気をつけないといけないですね。

quji0004.jpg







Sponsored link
[ 2009/03/04 21:16 ] 食事 | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブックマーク
プロフィール

ハルカ

Author:ハルカ
人との出会いも、動物との出会いも、出会いはみんな奇跡だと思います。
永遠を信じる気持ちの強さが、豊かな時間を育む力になる。
虹の橋を渡ったくじらは今も、あの日の姿のまま、わたしの記憶のなかを駆け回っています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク
ランキング
ブログパーツ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。