老犬の介護 ひだまりの犬

14年7ヶ月のかけがえのない時間をすごして、虹の橋を渡ったくじらがのこしてくれたもの。その日々に愛と感謝を込めて…。

ホーム > カテゴリー - 老犬の介護

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

すぅぱぁどっぐ

くじらは晩年、
体が思うように動かなくなると、
思うように動けないジレンマから
日に日に気難しさを増し、怒りっぽくなった。

最後の半年間ほどは、
散歩に出ても、家にいても
くじらの扱いにとても気を使った。

スポンサーサイト
[ 2009/07/02 22:04 ] 老犬の介護 | CM(6)

誇りとプライド

誰に何をされても
常に受け身で、じっとしていたくじら。

怒るでもなく
逃げるでもなく、
いつも、ただ、されるがままだったくじらが、

ある時期から
わたしと夫に、怒りの表情を
見せるようになった。

[ 2009/05/04 21:58 ] 老犬の介護 | CM(11)
ブックマーク
プロフィール

ハルカ

Author:ハルカ
人との出会いも、動物との出会いも、出会いはみんな奇跡だと思います。
永遠を信じる気持ちの強さが、豊かな時間を育む力になる。
虹の橋を渡ったくじらは今も、あの日の姿のまま、わたしの記憶のなかを駆け回っています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク
ランキング
ブログパーツ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。