愛と感謝 ひだまりの犬

14年7ヶ月のかけがえのない時間をすごして、虹の橋を渡ったくじらがのこしてくれたもの。その日々に愛と感謝を込めて…。

ホーム > カテゴリー - 愛と感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

幸せをありがとう。

わたしたちはなんて幸せなんだろう。

スポンサーサイト
[ 2009/07/08 22:21 ] 愛と感謝 | CM(12)

すぅぱぁどっぐ

くじらは晩年、
体が思うように動かなくなると、
思うように動けないジレンマから
日に日に気難しさを増し、怒りっぽくなった。

最後の半年間ほどは、
散歩に出ても、家にいても
くじらの扱いにとても気を使った。

[ 2009/07/02 22:04 ] 老犬の介護 | CM(6)

僕には、君しかいないから…

またまた予告編でやられた。。。
なんでこうすぐに泣けちゃうんだろ。。。

この夏やって来る
ウォルトディズニーボルト

今日から 家族だね。

わたしもあの日
そんなふうにくじらを迎えた。

[ 2009/06/18 12:03 ] 家族の責任 | CM(6)

ママには付き合いきれません。

エル(くじらのママ)の豪快さには
くじらもわたしも目を丸くすることが多かった。

あの、「ドブ川事件」を筆頭に
一緒に過ごした一週間は、
はじめから終わりまで
エルに振り回され続けた一週間だった。
⇒ドブ川事件『母さん、ママが大変です!』
⇒くじらのママの物語『わんこの涙』
[ 2009/06/07 21:00 ] 犬の気持ち | CM(6)

“トクベツ”よりも…、

くじらが寂しくないように
できるだけ、そばにいてあげよう。
そばにいて、話しかけてあげよう。

それは、くじらを思うわたしの心がいつも
つぶやいていたこと。

そしてわたしは、その同じ心で、
くじらを喜ばせたくて、くじらの笑顔が見たくて
色んなことを考えてた。

[ 2009/06/05 20:26 ] 犬の気持ち | CM(8)

親子愛。

わたしは他人と比べてよく転ぶ。
それは、くじらとの散歩中も例外ではなく、
調子に乗って走っているときほど、よくコケた。

そしてその度に、
手にもっていた、くじらのお散歩バッグを放り出し
くじらのリードを放してしまった。
[ 2009/05/25 22:26 ] 犬の気持ち | CM(2)

もう寂しい思いはさせないよ!

わたしの元にくじらがやって来て、まだ間もない頃
どうしてもまる一日、仕事場を留守にしなきゃいけない
用事ができたことがあった。

その日わたしは、早朝から夜遅くまで
小さなくじらをひとり、
広い仕事場に残して出かけた。

[ 2009/05/25 13:27 ] 家族の責任 | CM(4)

人間って…?!

母さんは、ボクの耳が好きらしい。
ボクが寝ている時も
おもちゃで遊んでいる時も
お構いなしに、触りにきた。

母さんがうれしいなら、ボクはなんだって我慢できるけど
「うるさいから止めてくれないかな。。。」
って言いたい時も、時々あった。

[ 2009/05/23 22:44 ] 犬の気持ち | CM(12)
ブックマーク
プロフィール

ハルカ

Author:ハルカ
人との出会いも、動物との出会いも、出会いはみんな奇跡だと思います。
永遠を信じる気持ちの強さが、豊かな時間を育む力になる。
虹の橋を渡ったくじらは今も、あの日の姿のまま、わたしの記憶のなかを駆け回っています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク
ランキング
ブログパーツ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。